会社概要COMPANY

代表あいさつ

こだわりとカバンへの愛情を常に忘れずにお客様に満足いただける京都のカバン専門店としてこれからも努力していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

テレビで紹介されました

代表あいさつ

理念

より良く、こだわりを忘れず。

沿革・歴史

明治35年 明石屋馬具店として、明石鶴松が河原町塩小路にて創業。
昭和16年 現在地に移転すると同時に明石正一が会社関係との取引を開始し、機器類の革ケースの製作を主体とした明石屋皮革品製作所を創設。
戦時中は軍需品の皮革製品製作指定工場となる。戦後は再び機器類ケースを主体に製作。
昭和35年 昭和35年頃よりビニール製品の材料が出回るといち早くこの材料を使用して製作を開始。
そして明石国勝によってカバン・バッグの修理を始める。
昭和55年 12月より明石国勝が代表者となる。
昭和60年 12月より社名を明石屋製作所とする。
平成2年 11月、現社屋、明石屋ビルが完成。
平成9年 11月、正式に「カバンの病院」の商標を登録。
平成19年 社名を有限会社明石屋とし、現在に至る。

所在地

  • 〒600-8216
  • 京都市下京区東洞院通塩小路東入 (有)明石屋
  • 電話番号:075-371-6797
  • FAX番号:075-371-6800
  • 地図をクリックすると拡大表示(外部サイトへ)します。
かばん修理のお問い合わせは
かばんの病院

明石屋は明治35年に馬具店として創業しました。馬のマークはそのためです。
※「カバンの病院」は明石屋の登録商標です。

このページの先頭へ